賃貸マンションを借りる際の“保証人選び”のポイント!

賃貸マンションを借りる際の“保証人選び”のポイント! 不動産会社が紹介してくれた数多くの物件から好みの賃貸マンションを選び契約手続きに入ります。自分の収入証明書を提出し問題なければ次に連帯保証人の話になります。
普通は2親等以内が常識であり、親、子供、祖父母から選ぶことになりますが、安定した収入を証明するものが必要になります。
親、子供がサラリーマンであれば会社からの源泉徴収票が必要です。祖父母に関しては公的年金の証明書となりますが、あまり高齢であれば認知症や寿命の関係で拒否される可能性が有ります。
賃貸物件の保証人選びのもう一つ方法は保証会社にお願いする方法です。前述の親、子供、祖父母に面倒なお願いをする事が難しい場合に利用されています。
物件を紹介した不動産会社が提携している保証会社に依頼すれば事はスムーズに運びます。但し別途お金がかかります。
先程の親族にお願いし何かと気を使いながら生活する方が楽か、お金でケリをつける保証会社が良いのかの判断は契約者が決める必要が有ります。

賃貸マンション選びの決め手となる条件

賃貸マンションの場合、物件ごとに特徴が大きく異なるため、決め手となる条件をもとにしながら選ぶことで、より魅力的な物件が見つかります。
一つ目の条件は間取りで、シングルやファミリーなど、生活形態によって最適な間取りが異なり、シングルならばワンルームや1DKが最適ですが、ファミリーならば3LDKくらいは必要になります。
二つ目の条件は必要となる費用で、賃貸では賃料以外に敷金や礼金などが必要な場合もあるため、事前に確認しておくことが重要です。
三つ目の条件は設備内容で、エアコンや給湯設備といった快適性を左右する設備だけでなく、オートロックなどのセキュリティ設備もチェックすることで、より安心して暮らせます。
また、収納が充実している物件では、多くの荷物を効率良く収納して室内をすっきりとした状態にできます。
四つ目のポイントは周辺環境で、通勤や通学に便利な駅の近くや、ショッピング施設が充実しているエリアなど、自分の生活に合った環境を選ぶ必要があります。

新着情報

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>シニア向け賃貸なら安心して高齢者が今までと同じように暮らせます
>築古の収益物件を購入して賃貸経営を始める場合の基本
>賃貸物件をリフォームする場所とタイミングは重要です
>賃貸住宅を借りるならば近隣住民を見ておこう
>家具家電付きの賃貸を借りると生活することができる

◎2017/9/6

決め手となる条件
の情報を更新しました。

◎2017/3/28

賃貸物件の契約期間
の情報を更新しました。

「賃貸 保証人」
に関連するツイート
Twitter

保証人代行プラスサービスです! 家を借りたいけど、保証人になってくれる人がいない😣 私どもにお任せください! 保証人をご紹介致します。 お時間がない方もご相談下さい。 全国対応、24時間受け付けております。

保証人をたてても、絶対家賃滞納しない自信があっても、保証会社は必須。嫌なら他の物件にして。って、今はなってるけど、保証会社も儲けが欲しいからどんどん拡大して、そのうち賃貸全ての物件で保証会社必須になるんだろうな。

返信先:🤣🤣🤣 母から誰かに賃貸保証人変更してくれとは伝えたから、今後放置か、管理会社調べて依頼します👍

保証人代行プラスサービスです! 就職、賃貸、奨学金、緊急連絡先など、保証人でお困りでしたら、ぜひご相談下さい。 低価格でお受けいたします! お時間がない方もご相談下さい。 全国対応、24時間受け付けております。

住居に関しては昔は親族の保証人が必衰だったらしいけど、父が日本の不動産業者にメールで聞いた限りでも最近は保証人抜きで借りれる物件もあるらしい。まぁ多少の財産があれば日本で中古の物件でも買えばいいけど、それでも最初の1年くらいは賃貸アパートで様子見が賢いと思う。